糖尿病とは?治療薬グルコバイには副作用がある!?

糖尿病の治療薬グルコバイ糖尿病は何らかの原因で血中のブドウ糖の量が多くなってしまう疾患をいいます。
血中の糖濃度はインスリンとグルカゴンという2つのホルモンによって正常範囲に保たれます。
インスリンは血糖値を下げ、グルカゴンは血糖値を上昇させる役割があります。
しかし何らかの原因でこのバランスが崩れてしまうと血糖値が上昇してしまうのです。
まずは原因としてはインスリンを合成、分泌する膵臓のβ細胞が破壊されてしまうことです。
こうして起こる糖尿病はⅠ型糖尿病と呼ばれています。
またインスリンは正常に分泌されるもののインスリンの作用点であるインスリン受容体の反応が悪くなることがあります。
これはインスリン抵抗性と呼ばれ、こうして起こる糖尿病をⅡ型糖尿病といいます。
糖尿病は血液中の血糖値の割合が変化することで起こる病気ですが、痛風も血液中の尿酸値が変化することで起こる病気です。
血糖値と尿酸値の関係性はイコールではありませんが深くかかわっているので、糖尿病の際には痛風が予兆として起こることがあります。
糖尿病の治療では運動療法や食事療法といった生活習慣の改善が行われます。
しかしそれで効果が得られない場合には血糖降下薬を使用した薬物療法が行われます。
その中でもアカルボースという成分を含んだグルコバイが有名ではありますが、このグルコバイにも副作用があります。
まず血糖値を上がりにくくする薬であるため、低血糖に陥る可能性があります。
低血糖になった場合には、倦怠感、意識消失などが起こることがあります。
このような時に備えて、アカルボースを服用する方はブドウ糖を日ごろから携帯しておくといいでしょう。
ただ二糖類や人工甘味料では低血糖を改善することができないので注意が必要です。
ただ他の血糖降下薬と比較すれば、こういった低血糖の副作用は起こりにくい薬ではあります。
また他におならが出やすくなったり、頻繁に頻尿が起きるなどの副作用もあります。
そして軟便になったり、排便回数が増えることがあります。
ただこれらの副作用はあまり重症化することなく、徐々に慣れてくることが多いでしょう。
重篤な副作用としては肝機能障害が起こることがあります。
よって定期的に肝機能検査を行い、様子をみる必要があります。
肝機能が低下した場合には黄疸が出ることがあり、皮膚が黄色くなることが特徴です。
このような症状がみられた場合には医師に相談してみましょう。

グルコバイを飲んではいけない人

食事としてとった炭水化物が、ブドウ糖になって小腸から吸収され血糖となります。
血液中にブドウ糖が増えると膵臓からインスリンと言うホルモンがでて、血液中のブドウ糖を細胞に取り込みます。
インスリンがすい臓から出にくい人やインスリンがでてもそのインスリンに血糖を下げる効果がない人は食後の血糖値が高いままになってしまい、この状態が長く続くと糖尿病と呼ばれる状態となり、神経障害が起こって手足がしびれたり、目の網膜に異常が起こり、目が見えにくくなったり尋常障害が起きたりします。
重症の糖尿病の場合はインスリン注射が必要ですが、Ⅱ型糖尿病と呼ばれるインスリンの効果が出にくい人の場合には食後血糖値を高くしない薬が効果があります
その中にグルコバイと言う薬があり、グルコバイは炭水化物を分解するアミラーゼや炭水化物が分解されてできた二糖類をブドウ糖にまで分解するαグリコシダーゼの働きを阻害して、小腸でブドウ糖が出来るのを遅くする事により、ブドウ糖の吸収を遅らせ血糖値の急激な上昇を抑えます。
インスリンの分泌節約になるので、膵臓に負担をかける事もありませんし毎日の高血糖を防ぐことで将来起きる糖尿病の合併性を抑えることができます。
妊娠中の女性腸内に分解が遅れた炭水化物が残りますので、腸閉そくや腸に癒着がある人や胃腸の手術後の人、そして肝臓腎臓病の人や高齢者は、飲む時に注意が必要です。
グルコバイを飲んではいけない人は、糖尿病が重症になりケトーシスを起こしている人や糖尿病性昏睡の人や重い感染症や重い外傷や手術前後の人や妊娠中の人です。
他の血糖降下剤と一緒に使う場合は、低血糖が現れるかもしれませんので、常にグルコース錠を持っていましょう。
β遮断薬系の血圧降下剤、ワルファリンなども低血糖が発現する可能性があります。
甲状腺ホルモンやステロイドは血糖降下を弱めますので、飲んでいる薬を医師に申し出ることが大切です。

グルコバイが欲しいと思ったらどうすればいい?

グルコバイは日本でもインスリンの効き方の悪いⅡ型糖尿病の治療薬として、医療機関で処方されていますが炭水化物の吸収を抑える作用を利用してダイエットをしたいと考えた人がいた場合、医療機関で処方してもらう事はできません。
個人輸入サイトを利用する男性そんな場合、個人輸入をするという方法があります。
医薬品の個人輸入の場合、本物かどうかが分からないとか、もし偽物で副作用が出た場合が困ると言う理由で個人輸入を躊躇する場合がありますが、インターネットの発達と同時期に個人輸入の代行をはじめ、20年近い実績があり、主要医薬品についてはホームページに鑑定書が載っていたり、全医薬品で13万件にも及ぶ口コミの載っているサイトなら利用してみるのも一つの選択肢と考えて良いでしょう。
グルコバイ100mgは先発薬品で、1錠日本では39円しますが個人輸入のサイトでは約33円で販売しています。
またまとめ買いをすることにより単価にするとだいぶ安くなるサイトもあるので、金銭面が気になる人にとっては個人輸入を行っているサイトを利用して買った方が得になるでしょう。