依存性のある糖質にはグルコバイで対処

   2017/10/18

糖尿病治療について説明する男性糖尿病の人はいつ何が起こるかわからない危険な状態です。血糖値が下がり過ぎれば、めまいや立ちくらみなどで倒れて怪我をする危険性もあります。また腎症、神経症、網膜剥離症、動脈硬化などの合併症が起こりやすいので、気を緩めないようにしましょう。日頃の安心のためには、自分専用の駆け込みドクターを作っておくと良いです。出来れば自宅や仕事場の近くにドクターを用意しておいて、何かあった時にはすぐに状況を説明できるようにしておきましょう。ドクターはどんな人でも良いわけではありません。きちんとこちらの話を聞いて、体だけではなく心もケアもしてくれるような人物が望ましいです。糖尿病治療は一生必要になるので、信頼できるドクターを見つけるようにしましょう。
糖尿病治療では、グルコバイという薬が使われることもあります。糖尿病では糖の動きを管理することが重要になります。グルコバイは糖毒性によって目や腎臓がやられてしまわないように血液中の糖を調整する薬です。と言っても、グルコバイを飲んでも最終的にはほとんどのブドウ糖が血液中に取り込まれてしまいます。しかし、徐々に血液中に糖が増えて行く状態にすれば、糖毒性によるダメージは低くなります。これによって症状を改善、抑制していきます。糖質の多い食品には依存性があります。ご飯、パン、スナック菓子などは依存性の高い食べ物でまた食べたいという欲求を引き起こします。特に、脂質と糖質がダブルで入ってくると依存性は高くなります。スナック菓子は糖質を油で揚げた食べ物ですから、かなり依存性が高いです。糖質依存は、最近では健康の基盤を壊す現代病と考えられています。